Pure blessingについて
Pure blessing
「Pure」 いつまでも純粋な気持ちのままで
 「blessing」 神様の祝福がありますように
代表 pink



↑プライベートブログもワンコ満載★↑
手作りご飯のススメ
↑広がれ★手作りご飯の輪↑

Pureblessingについて
現状における状況などの把握、知識向上のため、主にダックスの遺伝性疾患、カラー遺伝学などを勉強しながら、小型犬を主に、中部・関西を中心に、ボランティア活動しています。

リンクフリーです↑のバナーをどうぞ。
★ 一時預かりさん募集してます ★
★ ご相談はこちらから ★
当方は一時預かりさんのお力をお借りしながら個人で活動しております。私はあなたと同じ、普通の会社員で普通の生活をしてるただの1人間です。お金や時間や保護スペースに余裕がある団体ではありません。SOSを頂いても、命に期限がある保健所で処分される子たちの時間との戦いに追われ、常に保護スペースは一杯な状態で、当方で保護できるわけではありません。保護が必要かと思われる子がいたら、当方へ連絡をくださる前にご自身でできることをきちんと考えた上で、Pureblessigにタレこみ・相談・問い合わせ・SOSメッセージをください。

★ ご寄付のお願い ★
愛と救いを求めているワンたちへの寄付をよろしくお願いいたします!
頂きました寄付金は、レスキューしたワンコたちの医療費(主に健康診断、病気の治療費、避妊去勢手術代など)トイレシーツ、食費など全てレスキューしたワンたちのために、大切に使わせていただきます。お礼をしたいのでご一報頂けますと幸いです。
pureblessing@hotmail.co.jp
寄付金振込先
郵便局 12400-11160501
国際ボランティア貯金
「Pure blessing」
一時預かりさんのBLOG
オレンジのハートが付いてる子は、お見合いが決まってます。レッドのハートが付いてる子は、トライアル期間中です★

pink家にいる子たち
  • Mダックス・男の子『エル』

幸せのご報告
彼ら彼女らが幸せになるまでご協力ご声援頂きましたみなさま、そして沢山愛してくださっている里親さまに心より感謝申し上げます。
  • Mダックス・女の子『ティンク』
  • シーズー・男の子『リルベ』
  • Mダックス・男の子『いろ』
  • チワワ・女の子『ベイブ』
  • ヨーキー・女の子『うた』
  • マルチーズ・男の子『グラン』
      「みるく」マルチーズ・男の子
      2014年6月5日 幸せになりました
  • 「フィガロ」ダックス・男の子
      2013年12月30日 幸せになりました
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
ブログ内の記事を検索できます。

RECENT COMMENTS
LINKS(都道府県順)
こちらも見てね
RECOMMEND
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん (JUGEMレビュー »)
須崎 恭彦
これが手作りの第一歩となる方が多いようです。私のきっかけは、ビッグウッドの手作り食ハンドブックです。
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ (JUGEMレビュー »)
松江 香子
あらゆる面で、愛犬に愛を伝えることが出来る本です。うちのネロが腰をいわした時に、せめてマッサージでも…と、とても役立ちました。
 (JUGEMレビュー »)

★「誰でも何か美しいものをもっている」「自分自身を分け与える」「ほほえみなさい」「身近な小さなことに誠実に親切に」「大切なのは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです」「愛は、この世で最も偉大な贈り物なのです」「親切にしすぎて間違いを犯すことの方が、親切に無関係に奇跡を行うことより、好きです」本当の豊かさとは何か。胸を打ちます。
赦しをもたらす5つの方法
赦しをもたらす5つの方法 (JUGEMレビュー »)
ゲーリー・チャップマン,ジェニファー・トーマス
★清く、キレイな良心を保つ毎日を生きることは、本当に幸せなことです。本物の愛とは、愛を伝えることだけでなく、過ちを犯した者の「誠実で素直に謝罪する真の心」と、それを受け入れる不当に扱われ傷付いた側の「赦しという和解の心」です。
OTHERS
advertisement




Pure blessing

人間のエゴによる犠牲となるワンたちを救いたい…愛と救いを求めているワンコたちを助けたい…
小型犬を主に、岐阜県は、西濃地区の大垣市から、中部、関西を中心にボランティアをしています。
里親さん募集中 ワンワンマンマ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
JKC犬種スタンダードで認められていない毛色の取り扱いについて

↓29日追記あり。


JKCこと、ジャパンケネルクラブでは、2002年10月1日以降の登録分より、犬種スタンダードで認められていないカラーについては、血統証明書のカラーの前に「★」印を印字しておりましたが、2008年4月1日から、「★」印に代わり「×」印を記載することになりました。

これは、犬種スタンダードから逸脱したカラーについて「珍しい」とか「レアカラー」といった誤った取り扱いが見受けられることから、これらの行為を抑制させる観点からの措置のようです。

対象となるカラーについては、下記JKCのページにてご確認ください。

参考URL「JKC 犬種スタンダードで認められていない毛色の取り扱いについて


スタンダードで認められていないカラーは、展覧会において重大欠点になります。それは、それなりの理由があります。

人間と同様、犬も皮膚や毛のカラーは、メラニンという色素細胞によって作られています。(メラニンにも色々ありますが、ここでは省略します。)

メラニンはあまりみなさまご存じないかと思いますが、視神経を形成したりする重要な働きも持っており、遺伝病にも非常に深く関わっています。

なかでも、ダックスでも問題になっているマール遺伝子を保有している犬は、繁殖に対しては慎重に取り扱わなければいけません。(オーストラリアンシェパードやシェルティー、チワワ等も同様)

いまだ、ダップルはブラックタンとなら交配できる、という定義が蔓延しているようですが、これは、交配相手のブラックタンとダップルに、共にゴールド、クリームのキャリアではないという確実な証明があってこその場合です。

互いにゴールドやクリームをキャリアしていると、ソリッドカラーのダップルを生み出すことになります。

両親共に、ゴールド、クリームのキャリアではないという確証を得るのは、両親犬の血統書を見るだけでは非常に難しく、愛犬の近い先祖や兄弟にゴールドやクリームがいないか知るすべのない素人では、ダップルの繁殖はすべきではありません。

ダップルは優性遺伝子のため、子犬への出現率は高く、マール遺伝子はいとも簡単に子孫に受け継がれていきます。

今、見た目ではダップルであることが全く分からないレッドダップル、クリームダップル、ゴールドダップルなどの、ソリッドカラーのダップルが蔓延しています。

ダップルはチョコやゴールド、クリームと違い、キャリアしません。両親のどちらかがダップルでないと、ダップルは産まれません。

愛犬の子供にダップルが産まれてはじめて、愛犬がソリッドカラーのダップルだと気づいたり、愛犬がダップルだと知らなくて、故意的ではないといえ、ダップルと交配してダブルダップルを作ってしまった、という話もよく耳にします。

29日追記:大事なことをすっかり忘れておりました。ダブルダップルを生み出す危険な交配例は、なにもダップル同士、ダップルだと知らなかったソリッドカラーのダップルとダップル同士だけではありません。

ブラックタンだと思ってた子が、実はダップルだった、というケースも非常によくあります。見た目では全く分からないような、ほんの少しダップル模様が出ているだけで、まったく気づかずにブラックタンと登録されている子も実はたくさんいます。

このような、ブラックタンに見えるダップルを愛犬にもつ飼い主が、お嫁さんだか、お婿さんだかを募ってダップルが交配相手になったらどうでしょうか・・・。

そうです。ダブルダップルが生まれてしまうのです。

ダップルはブラックタンとなら交配していい、という定義がいまだ定着しているので、ダップルを見落とした、もしくは全く気づかない程度のブラックタンのような本当はダップルがダップルと交配してしまったら・・・そういうことが起きるのです。

いまや、ゴールド、チョコ、クリームのキャリアを持たないブラックタンはほとんどいない、といわれています。また、このように、見た目は全く分からないソリッドカラーのダップルや、実はダップルなのにブラックタンで登録されている、隠れダップルも多くいます。

隠れダップルが蔓延している今、ダブルダップル、ソリッドカラーのダップルは、一昔と違い、意外とどこでもよく見かけるようになりました。

どこかで、こんな連鎖をとめなければ、あなたの愛する犬種の将来は、母犬が出産すれば障害をもった子が1人は産まれるようになるでしょう。



マール遺伝子はみなさまよくご存知かとは思いますが、半致死遺伝子といわれており、ダブルダップルで50%以上、シングルダップルで25%の確率で、視神経、聴覚、心臓、副腎の異常があるというデータがあり、なかでもダブルダップルは、加えて奇形や生殖異常という致命的な疾患を持って産まれることが非常に多いです。

マール遺伝子はランダムに毛色遺伝子のメラニンを切り接ぎすることで、あのまだら模様が現れます。目に現れれば、部分的にカラーが違ったり、ブルーになってブルーアイになります。

また、ダップルや、ダブルダップルにおいて、首から上に現れる白斑という白いミスカラーを持っている場合は要注意で、目や耳に大きな白斑がある場合は、難聴や目の疾患の障害を持つ可能性が高いといわれています。


古くから、犬をパートナーとしてきた時代から、人間は、効率よく犬が仕事をできるようにと犬を故意にチョイスして繁殖してきました。また、その中で、人は、クリームやホワイトの見た目の美しさに心を奪われ、意図的に白っぽいカラーを好んで繁殖してきました。

遺伝の研究がすすむまでは、カラーというものは、見た目のキレイさで選ばれていたのですが、マール遺伝子も同様に、見た目のキレイさで好んで繁殖をくり返されてきたのです。

今現在、それぞれの犬種を愛するブリーダーたちは、自分たちが持つ犬の先祖をよく知り、遺伝学を学び、悪い遺伝子を排除すべく、また色素が薄くならないよう、色素が薄くなったら濃い遺伝子を入れるなどの配慮をして、ブリーディングに努めています。

スタンダードで認められていないカラーが、展覧会で重大欠点になり、血統書の毛色の前に「×」がつくのは、繁殖に向いていない、という、確実な理由があるのです。


みなさま高校生だったか、中学生だったか、学生のときに学校で習われたかと思いますが、遺伝の基礎は、人間、植物同様、犬だけに限らず、全ての生き物はメンデルの法則(えんどう豆のアレです)によって、両親から子孫へ受け継がれていきます。人間の血液型もそうです。

このメンデルの法則にしたがって、産まれる子犬は、カラー、遺伝子疾患、容姿、性格など、自分の体が作られる全てを両親から、それぞれひとつずつ受け継ぎます。

全ては必ず遺伝される、というわけです。

少しカラーの勉強をすれば、巷で言われている、レアカラーというものを作ることができます。まだまだ勉強不足な私ですら、作れるものなのです。

悪徳なブリーダーは、カラーの勉強をしているかどうかは別として、レアカラーといううたい文句をつければ、非常に高く早く売れるので、意図的に疾患を持つ子犬が産まれるのを承知で、リスクの高い交配をします。

たとえば、チョコを作りたかったらチョコ同士、クリームを作りたかったらクリーム同士、ダップルを作りたかったらダップル同士、という具合です。

さらに悪い考えをもったブリーダーだと、スタンダードで認められていないカラーの該当犬同士で繁殖をしているところもあるようです。

ちなみに、巷で出回っている、ダックスのイザベラやブルーですが、ダックスの場合、カラー遺伝学上このカラーを発現できないといわれています。実際、そんなカラーで売られている子たちは、視覚的にイザベラやブルーに見えているだけです。

イザベラやブルーのカラーの特徴は、毛の生えていない箇所、爪や目ぶち、パッドのカラーが、そのカラーと同じカラーになるのが特徴です。あなたの愛犬はどうですか。

実際、イザベラやブルーに見える子は、本当は、イザベラならチョコ(レッドとチョコを保有したレバーの鼻をしたボケチョコの場合が多いようです)、ブルーならブラック(ダップルが薄まってできた)によって非常に薄まって発現したカラーです。

実際に、イザベラやブルーを発色する遺伝子を保有している子がいるとしたら、パイポールドのように、他犬種からもたらされた海外で産まれた新種といわれており、ダックスと同じように考えるとカラー登録や、構成の標準を混乱させ蔓延させる原因になります。

どちらにせよ、スタンダードで認められていないカラーは、繁殖モラルに則り、どこかで繁殖を打ち切って歯止めをかける必要があると思います。


そんなブリーダーは、産まれた子犬に障害があっても、なんとも思いません。売ってしまえば、それで終わりですから。高く売れればいいだけですから。

子犬を迎える人も、レアカラーだとか、珍しい、というものに群がりたがり、自慢したがる日本人の性格かもしれませんが、そんなうたい文句に騙されないように気をつけるだけでなく、迎えた犬を、自身も知らなかったという故意ではないとはいえ、勉強不足による繁殖によって、産まれる子犬にハンディをおわせるような、高いリスクの伴う繁殖はしないようにしましょう。

レアカラーに飛びついて、高いお金を出して買った子が、なにかしらの重大な疾患を持っている可能性が高いこともあるということ、知ってください。

そんな人間が配慮するだけでおわなくてもよかったハンディをおわさないように、不幸な命を作ることのないように、スタンダードで認められていない毛色には「×」がつくような、理由があるということ。

カラーと疾患は、非常に親密な関係にあることを、知ってください。


私の友達で、ボラ友でもある「eau de cologne」さんのところの子には、まさしくダブルダップルの目の奇形で、目が発達せず生まれつき黒目がない子がいます。もちろん目は見えません。また、もう1人のレッドの子も、PRAで目が見えません。でも、どちらの子も、とても愛らしく、ブリーダーによっておわされたハンディを苦とも思わず、ブリーダーを恨むことなく、文句も言わず、明るく元気いっぱいに幸せに過ごしています。
 
同様に、そんなハンディをおった子たちの集まりを発足された「ぷうにぃ わんわん」さんのところにも、間違ったカラーブリーディングによって生まれた子がたくさんおります。

どうぞ、そういう子が現実にたくさんいることを、知ってください。

レアカラー、珍しいカラー、犬を愛する私たちから、使わないように広めていきましょう。

もう誰も、レアカラー、珍しいカラーという言葉、もう使わないで・・・。


ご参考までに、みなさまも読んでみてください。
 「Starfleet Dachshunds −Breeding & Genetics Color−
 「ダックスフンドのパターン
 「遺伝病の話



以下、JKCホームページからの転載です。
続きを読む >>

| ◆ワンコと暮らしてる方へ◆ | comments(1) | - |
不幸を作らないために
「おめでとう!ユウ!」でご紹介した、ユウこと裕二郎は、えみること双葉と、フラウことナナ(里親募集をかける前に幸せになりました)と同じ浜松ブリーダー廃業から来ました。3人、やっとみな幸せになりました。


裕二郎は、目が全く見えません。

恐らく進行性網膜萎縮症、PRAこちらもご参考に)かと思われます。

PRAは遺伝する目の病気です。ブリーディングに配慮するだけで、体にハンディを負わなくてもいい子たちを減らすことができる病気です。

自分の子の目が見えない=繁殖をしない、当たり前のことです。

両親共に目が見えているが、産まれた子犬が目が見えない=両親はキャリアであるので繁殖をしない、産まれた子犬も繁殖をしない、当たり前のことです。

ただそれだけのことです。

が、お金儲けとなると、みなさんよくご存知かと思いますが、目が見えなかろうが、遺伝子疾患を保有していようが、コートカラー等に問題があろうが、繁殖に用います。

加え、悪質なブリーダーになると、食費がもったいない、空調代がもったいない、医療費がもったいない、高値で売れるよう、より小さな子を作ろうと水、食事を与えない、ワクチンフィラリア投与をしない、エアコンをつけない等の虐待になっていくのです。

そのうち、犬にとっては幸運で、帝王切開でしか子供を産めずお金がかかるからとか、子出しが少ない、質が悪いから、と親犬を手放したいとボランティアに頼るブリーダーもいます。

そんな親犬たちから産まれた子犬たちが、ペットショップのショーケースに並んでいます。

子犬たちは、どんな疾患を持っているか分かりません。

PRAは、産まれてすぐ目が見えない子と、年々進行していく子と、何年か経ってから発症する子と様々です。

ダックスは、本当に最近、目が見えない子が多くなってきました。


当方の裕二郎は幸せになりましたが、同じ繁殖場からボラ仲間さんがレスキューしてきた子の中にも、やはり目が見えない女の子がいます。

PRA遺伝の確率表を見て、みなさん何を思われますか。

これはあくまで確率の問題ですが、黒い丸●は、PRA遺伝子をひとつ保有しているという意味になります。

アフェクテッド同士の繁殖でなくとも、いかにクリア同士の繁殖以外は、キャリアが蔓延していくか、ということにお気づきになるかと思います。

愛犬がキャリアであることを知らずに、繁殖相手がキャリアで繁殖してしまったら・・・このミスが延々と続いて、ねずみ算式に増えていったら・・・どうなるかお分かりですよね。

純犬種は、人間が無理して作ってきた種です。

少し足が短くて、少し胴が長い子、仕事をする上で、よりよく作業ができるよう必要なものを持った子をチョイスして延々と繁殖していくことによって作られてきた種です。

言い方が悪いですが、いわば、普通じゃない子たちの組み合わせによって固定された種なのです。そのため、本来の姿に戻ろうとする遺伝子が働いて、ショーでは欠点になる尾曲がりなどの現象が起きます。

また、よりその犬種らしさを作るため、近親交配も長く続けて繁殖されています。そのため、悪い遺伝子疾患も固定されてきました。どれだけ排除しようとブリーダーが頑張っても、血が濃くなればなるほど、抜けなくなるばかりか新しい遺伝子疾患の現象がおきます。

犬種それぞれになりやすい疾患があるのは、純犬種が作られた致し方ない歴史の背景があります。

最近では、悲しい運命を辿る子を減らそうと、後世に遺伝子疾患を残すまいと、PRA等の検査を行い、クリアである両親のみ繁殖に用いてブリーディングし、産まれた子犬の検査も行い、クリアしか販売しないというブリーダーも多くなってきています。また、一般家庭で飼われている愛犬の検査代行をしてくださるところもあります。

個人で繁殖をしようと思ったら、望まない疾患を持った子を作らないためにも、ペットショップやブリーダーの言いなりにならず、必ず自分で遺伝子疾患等のことを調べたり、ブリーディングに向いていないと分かっている両親でも、どうしても子供が欲しいと自分のエゴを抑えられずにリスクの高い繁殖をしないようにしてください。

また、産まれてしまったら、必ず自分で飼う覚悟をしてください。

保健所へ持ち込む、友人に買って貰う、ボランティアに頼み込む、自分の責任において産まれた子を、他の人に押し付けないようにしてください。

あなたが気をつけるだけで、生まれる子犬は、大きなハンディを負うかどうかが決まってくるだけでなく、あなたが愛してやまないその犬種の未来をも脅かすものになるのです。

| ◆ワンコと暮らしてる方へ◆ | comments(2) | - |
迷子札とマイクロチップ
みなさん、愛犬が迷子になった際の対策、してますか。

室内飼いだから、してない、という方、多いのではないでしょうか。

でも、どうでしょう。

ちょっとだけ、愛犬が迷子になったときをイメージしてみませんか。


万が一、留守の際に震災等で自宅が崩壊し、愛犬が外に飛び出てしまったら・・・。


また、こういうことも・・・考えたこと、ありませんか。


ちゃんと迷子対策してる方は、やっぱり鑑札が一番多いでしょうか(*^_^*)
(注意:狂犬病予防法では、犬の所有者には飼い犬登録と、年1回の狂犬病予防注射をし、鑑札と注射済み票を愛犬に着ける義務があります。↓こういう物です。紛失した場合は、最寄の保健所へ届け出れば再交付してもらえます。)


でも、小型犬には、この大きさを常時2枚つけるというのは厳しいものです。

皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。

小型の子は、きっと市販の迷子札などが多いでしょう。


さて。迷子札、みなさんどんな風につけてますか。

首輪に着けると、万が一、散歩の際に首輪をすり抜けて、飼い主の手を離れてしまったら・・・意味ないですよね(>_<)

できるだけ、首輪にも簡易的なものを、そしてそれとは別で、常時装備する首からさげるような小さな迷子札をつけるといいでしょう。


うちの子は、マイクロチップを入れてるから迷子札は必要ないわ。

本当にそれで迷子になったとき、あなたのところに帰ってこれますか。

イメージしてみましょう。

愛犬が迷子になって、保健所へ収容されました。

さて。その保健所に、マイクロチップを読み取るリーダーは設置してあると思いますか。


意外と、都心部でもごく一部しか設置してないのを、みなさんご存じないと思います。


全国でマイクロチップリーダーが設置してある保健所やセンターはどこか、正確なデータが欲しいと環境省へ問い合わせました。

結果は、把握できていない、ということでした。

法改正がきっかけで、現在、全国に問い合わせ中の段階であり、今期までには返答がくるので、来期の5月にはまとめられるのではないか、というお答えでした。

現状、東京、神奈川、千葉、埼玉などの都心部、大阪、神戸、愛知、静岡。そして、センターという名のつくところは、ひとつは置いてあるようにしていると思いますが・・・。将来的には、全国の保健所に設置の予定です。ということです。

設置してくださるのは非常に嬉しいことですよね。

しかし、今の段階では、地方は、まだまだです。センターでも、設置してないところもあります。

最近では、地方でもマイクロチップを入れてくださる動物病院が多くなってきました。

でも、読み取るリーダーが保健所になければ、マイクロチップの効果は充分発揮できず、愛犬はあなたのところに帰れないのです。

動物病院では、挿入したマイクロチップが正常に機能するかを判断するためにリーダーを置いているところがありますが、保健所に収容された子を、わざわざリーダーが置いてある動物病院で1人1人、確認することはありません。

また、愛犬が迷子になって、幸い事故もなくとても優しい一般の人が保護してくれた場合、保護した犬にマイクロチップが入っているなんて、全く分かりません。見た目で分からないからです。

そんなときは、迷子札があれば、すぐさまあなたに連絡が入ります。

保健所に入ることなく、あなたのところにすぐ帰ることができるのです。

ただし、純犬種の高い犬だから、うちで飼っちゃおう、と悪い心を持った人に保護されなければ、の話です・・・。

愛犬が迷子にならないよう、外飼いの子は、きちんと逃走しないような環境にするのも大切です。中には自宅に進入して犬の鎖を外してイタズラしてしまう悪い人もいます。

どうでしょうか。

こうなると、迷子札とマイクロチップ。どちらも大切な迷子対策です。

愛犬の迷子対策は、できるだけ、首輪にひとつ、それとは別にひとつ付ける迷子札と、マイクロチップの挿入と、両方つけてあげましょう。

マイクロチップを挿入されるときは、それだけに頼るのではなく、迷子札もつけましょう。

いざとなったとき、愛する愛犬があなたのもとへ帰ってこれるかどうかは、迷子札にかかっています。

それだけが、あなたと愛犬を繋ぐ、唯一のものです。

また、愛犬がいなくなったら、警察署、保健所に届け出ることも忘れないようにしましょう。警察署、保健所では、意外とと横のつながりがない場合もあるので、行動範囲内であると思った近郊の警察署、保健所にも届け出るといいと思います。

| ◆ワンコと暮らしてる方へ◆ | comments(0) | - |
ワンコを迎えるときは
8月14日、5歳の女の子、8歳の女の子、7歳の男の子、ダックス3人をレスキューしました。
参照:アニマルフォスターペアレンツさま
   http://dog.pelogoo.com/hamamatsurescue/
まだ現場では、里親さんを待っている子がいます。ご連絡は、アニマルフォレスターペアレンツさま(090 8545 9537)へ直接お願いいたします。また、一時預かりができる、という方もPureblessingにて募集しています。どうぞ、みなさまのご協力と応援をお願いいたしますm(__)m




3人の中にいた7歳の男の子は、PRAで目が見えません。生まれつきではなく進行性のもので、今は近くの光を感じられる程度のようです。他にも、目が見えない女の子もいました。

PRA・・・ダックスだけでなく、とても深刻な問題です。

繁殖に使う犬たちの検査をせずに、子供を作るブリーダーが多いようで、そもそもPRAとはどういう病気であるか、さえ知らないブリーダーもいます。

検査をしっかりしてクリアであることを確認してから繁殖する、というブリーダーはまだダックスのブリーダー界では少数のようです。

どうぞ、これからワンコを迎えられる際には、ブリーダーに必ずPRAの有無をお尋ねください。両親はクリア、キャリア、アフェクテッド、どれでしょうか。検査の証明書を拝見できますか。と聞いてみてください。分からない、とお答えになったブリーダーからは、迎えられたあとのアフターケアは期待できないことを念頭に置かれるといいと思います。

また、ブリーダーだけでなく、一度買ったものは返品不可と言われる際にも、病気を持っている可能性を疑っていいと思います。

それを承知で、ワンコを迎え入れる方は、たくさんの愛情をあたえてあげてください。

ついで、動物取扱業の登録番号等を必ずたずね、登録証を拝見する、もしくは保健所等にて、実際に登録されているかの確認も怠らないでください。

動物取扱業の登録がしてあれば、病気のことを配慮したブリーディングをしているブリーダーである、というわけではありません。動物の管理、飼養が、適切に行われている、という証明です。動物取扱業の登録をしてある=良心的なブリーダーである、とは限らないということも、念頭において迎え入れるワンコとの運命を選びましょう。

これは、不健康な子を飼わないため、ではなく、ワンコを迎える方を知るためです。しっかりと、ご自身でどういう方であるかを判断し、割り切ってワンコを迎え入れましょう。

| ◆ワンコと暮らしてる方へ◆ | comments(0) | - |