Pure blessingについて
Pure blessing
「Pure」 いつまでも純粋な気持ちのままで
 「blessing」 神様の祝福がありますように
代表 pink



↑プライベートブログもワンコ満載★↑
手作りご飯のススメ
↑広がれ★手作りご飯の輪↑

Pureblessingについて
現状における状況などの把握、知識向上のため、主にダックスの遺伝性疾患、カラー遺伝学などを勉強しながら、小型犬を主に、中部・関西を中心に、ボランティア活動しています。

リンクフリーです↑のバナーをどうぞ。
★ 一時預かりさん募集してます ★
★ ご相談はこちらから ★
当方は一時預かりさんのお力をお借りしながら個人で活動しております。私はあなたと同じ、普通の会社員で普通の生活をしてるただの1人間です。お金や時間や保護スペースに余裕がある団体ではありません。SOSを頂いても、命に期限がある保健所で処分される子たちの時間との戦いに追われ、常に保護スペースは一杯な状態で、当方で保護できるわけではありません。保護が必要かと思われる子がいたら、当方へ連絡をくださる前にご自身でできることをきちんと考えた上で、Pureblessigにタレこみ・相談・問い合わせ・SOSメッセージをください。

★ ご寄付のお願い ★
愛と救いを求めているワンたちへの寄付をよろしくお願いいたします!
頂きました寄付金は、レスキューしたワンコたちの医療費(主に健康診断、病気の治療費、避妊去勢手術代など)トイレシーツ、食費など全てレスキューしたワンたちのために、大切に使わせていただきます。お礼をしたいのでご一報頂けますと幸いです。
pureblessing@hotmail.co.jp
寄付金振込先
郵便局 12400-11160501
国際ボランティア貯金
「Pure blessing」
一時預かりさんのBLOG
オレンジのハートが付いてる子は、お見合いが決まってます。レッドのハートが付いてる子は、トライアル期間中です★

pink家にいる子たち
  • Mダックス・男の子『エル』

幸せのご報告
彼ら彼女らが幸せになるまでご協力ご声援頂きましたみなさま、そして沢山愛してくださっている里親さまに心より感謝申し上げます。
  • Mダックス・女の子『ティンク』
  • シーズー・男の子『リルベ』
  • Mダックス・男の子『いろ』
  • チワワ・女の子『ベイブ』
  • ヨーキー・女の子『うた』
  • マルチーズ・男の子『グラン』
      「みるく」マルチーズ・男の子
      2014年6月5日 幸せになりました
  • 「フィガロ」ダックス・男の子
      2013年12月30日 幸せになりました
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
ブログ内の記事を検索できます。

RECENT COMMENTS
LINKS(都道府県順)
こちらも見てね
RECOMMEND
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん (JUGEMレビュー »)
須崎 恭彦
これが手作りの第一歩となる方が多いようです。私のきっかけは、ビッグウッドの手作り食ハンドブックです。
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ (JUGEMレビュー »)
松江 香子
あらゆる面で、愛犬に愛を伝えることが出来る本です。うちのネロが腰をいわした時に、せめてマッサージでも…と、とても役立ちました。
 (JUGEMレビュー »)

★「誰でも何か美しいものをもっている」「自分自身を分け与える」「ほほえみなさい」「身近な小さなことに誠実に親切に」「大切なのは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです」「愛は、この世で最も偉大な贈り物なのです」「親切にしすぎて間違いを犯すことの方が、親切に無関係に奇跡を行うことより、好きです」本当の豊かさとは何か。胸を打ちます。
赦しをもたらす5つの方法
赦しをもたらす5つの方法 (JUGEMレビュー »)
ゲーリー・チャップマン,ジェニファー・トーマス
★清く、キレイな良心を保つ毎日を生きることは、本当に幸せなことです。本物の愛とは、愛を伝えることだけでなく、過ちを犯した者の「誠実で素直に謝罪する真の心」と、それを受け入れる不当に扱われ傷付いた側の「赦しという和解の心」です。
OTHERS
advertisement




Pure blessing

人間のエゴによる犠牲となるワンたちを救いたい…愛と救いを求めているワンコたちを助けたい…
小型犬を主に、岐阜県は、西濃地区の大垣市から、中部、関西を中心にボランティアをしています。
里親さん募集中 ワンワンマンマ

一時預かりさんのブログご紹介
当方で大変お世話になっております、一時預かり様のブログをご紹介させていただきます。

新しい家族を待っているワンコたちが、少しずつ家庭に慣れていき、新しい家族のところへ行く一歩を踏み出すために、ガンバっている姿を見ていただけたら、と思っています。

みんな、あたたかい家庭で、充分な愛情というケアによって、ぐんぐんと成長しています。初日は、顔がこわばっていた子でも、徐々に笑顔が多くなり、お散歩が怖くて仕方なかった子も、ぷにぷにだった肉球がかたくなって、初めての経験を預かり様のところでたくさん経験していきます。

★ りえママさんのブログ「預かりワンコDiary
   現在、Mダックス、アーサを預かってくださっています。
   (アーサは近々、お見合いの予定です♪)

★ 月光さんのブログ「クロスーのよもやま日記
   現在、Mダックス、ジムニーを預かってくださっています。

★ ウルフノアママさんのブログ「ポメラニアン「ウルフ.ノワ」の日記
   現在、ポメラニアンのいっさを預かってくださっています。

我が家では、貰われにくい子や、時間がかかりそうな子、噛み付き癖がある子など、預かりさんにお願いするには難しい子がおりますが、本当なら、一般家庭で、ぬくぬくと充分なケアをかけてあげたいのが私の気持ちです。

私では、たくさんの子を保護できても、ワンコが増えれば増えるほど、それだけ十分なケアがしてあげられなくなります。時間的な余裕も、金銭的な余裕も。

みなさま、1人しか預かれませんが、と仰いますが、1人預かっていただくことには、とても意味があります。それぐらいの方が、新しい家族を待っている子たちにとっては、たくさんの経験ができるので、それがベストです。新しい家族へ行く一歩手前、レスキューっ子たちには、たくさんの経験をしてもらいたい。

預かり様、本当にお世話になっております。

私がこうして活動できているのも、みなさまのワンコたちへの愛情あってこそです。

この場をお借りして、改めて感謝申し上げます。

これからも、みなさまのご協力よろしくお願いいたします!私も、みなさまのお気持ちに添えられるよう、私は私のできることで精一杯努めます(*^_^*)

また、1人でも構いませんので、岐阜県大垣市近郊で一時預かりをしてくださる方を募集しております。ご検討くださる方は、当方までメールいただけますようお願い申し上げます。

| 一時預かりさんのブログ | comments(2) | - |
一時預かりさんのブログ
当方では、大変お世話になっている一時預かりさんがお2人おられます。

お2人とも、ご自身のブログにて、預かってくれているレスキューっ子たちを記事にしてくれています。

私は、自分のところで保護してるレスキューっ子たちの可愛い姿を、なかなかご紹介できてなく申し訳ないですが、一時預かりさんのブログをご紹介したいと思います。

★りえママさんの「預かりワンコDiary
  現在、Mダックスのアーサと、シーズーのおんぷを預かってくださっています。

★月光さんの「クロスーのよもやま日記
  現在、Mダックスのリコを預かってくださっています。

左のメニューにも、カテゴリの上に一時預かりさんのブログをリンクしてあります。

すっかり家庭に慣れ、表情が豊かになり、生き生きと輝き、ワンコらしくなっていく可愛い子たちを、一緒に見守ってやってくださいませ。

里親希望者さまは、一時預かりさんのブログにて、検討してくださっているワンちゃんの様子が伺えるかと思います。

おんぷは、来週、避妊、歯石、腫瘍摘出の、大手術の予定です。事前に血液検査や、腫瘍の状態を見るためのレントゲンなどもします。

おんぷちゃん、ガンバロウネ!!

| 一時預かりさんのブログ | comments(0) | - |
一時預かりさんのブログ

当方でお世話になっている、一時預かりさん、りえママさんのブログ「預かりワンコDiary」が出来上がりました。

当方は代表の私、1人で活動をしています。全くの個人です。現在、一時預かりさまのご協力も、りえママさんのみです。

彼女は、一般家庭で不妊手術を行わなかったため、最初の2頭からどんどんと増え多頭飼育が限界になり、男性から虐待を受けていたビーズクッキー2人がいた現場を知って、かわいそうにと、預かり先がなくて困っていた私を助けてくれ、ビーズを預かってくださいました。

しかし、一時預かりというのは、彼女が思っていたよりも、ずっと大変だったのです。

私たちボランティアは、レスキューした子が、1日中、構ってほしくて吠える、ご飯を催促して鳴く、マーキングし放題(意外と知らない方が多いですが、女の子も立派にマーキングします。ちょびちょび出してあちこちするならマーキングを疑っていいと思います。)、ウンチを食べる、おしっこを飲む、ウンチおしっこの上で寝る、蹴散らかす、プラスチックであろうがなんであろうが食べる、噛む、破壊する、落ち着きがない、ということは、すっかり慣れています。保護する子たちは、それで命を繋いできた子たちばかりだからです。

たくさんの愛情とコマンドを入れることによって、精神の安定を得、少しずつ家庭犬として里親さまのところへ行くまでのステップを踏むのが私たちボランティアの家です。

ですが、彼女は初めての一時預かりで、ビーズをもう無理、と私のところに返しました。

正直、ビーズは大人しいほうです。虐待を受けていたため、とても臆病で、ゲージの扉を開けっ放しにしていても、怖くて怖くて一歩もゲージから出られず、眠るときも立ったままウトウトと寝て震えていた子でした。

そんな彼も、里親さまにたっぷり愛してもらい、今ではすっかり家庭犬です(*^_^*)


彼女は、ビーズから沢山のことを学んでくれました。

私たちも、日々、犬たちから沢山のことを教えてもらっています。

ビーズが彼女に預かってもらっていた半年間、なかなかよいご縁にめぐり会えず、私のところに帰ってきたとたん、よいご縁に出会えたのは、彼女に一時預かりの大変さを教えるために、神さまが必要とした時間だったのではないかと思っています。

私たちボランティアは、自分が保護した子を世話する大変さは、もうすっかり慣れていてなんとも思いませんが、やはり一時預かりとして預かるには大変なことばかりです。

最近は広島ドックパーク崩壊や、大規模なレスキューによって、たくさんの人が犬たちの現状を知ってくれ、自分なりに出来ることを模索し、ボランティアされる方々も多くなってきました。

とても嬉しいことです。

ですが、犬ねこたちのために惜しまず使わなくてはいけない時間を、簡易的に省いてしまったり、命が助かるのであれば、どんな環境で飼われていても幸せであると考え、調査なく誰にでもぽんぽんと渡しておられる方々も沢山いるのは事実です。

将来、私はボランティアも「命」を扱う者として、ブリーダーのように、保健所に取り扱い業のような届出をし、飼養環境の視察を行ってもらい、危険な譲渡をしていないか、事後の調査はちゃんとしているか等をチェックしてもらい、許可制にして登録し、またしつけが実際に入れられるかどうかや、法律等の問題による試験と現場視察と譲渡項目、譲渡後の調査等による更新性にしてもらいたいと考えています。

飼養環境というものは、どうしても頭数が多くなりがちな現場での感染症の早期発見にもつながり被害を防止できますし、譲渡後のことを考えず、吠えるからとゲージから出したり、ご飯をやったり、朝から晩まで、留守時でも常にフリーにし、夜ですら一緒に寝ていると里親さん宅では、寝る際はゲージというとき、犬もストレスになって一晩中鳴き出す、トレーニングのためとガマンする里親さんも困ったことにならないよう、里親さん宅へ行く家庭犬までのステップとして適切な飼養をしているかどうか、のチェックもできます。

ボランティアも、命を扱う者として、責任はブリーダーと同等だと思っています。

私の目標は、ボランティアや一般飼い主の意見によって動愛法が作られることと、危険な活動をしているボランティアを排除するためにも、ボランティア許可制というような仕組みを作ってもらうことです。

私が生きている間には、実現しそうもないですが、この目標のためならば、どんな時間や手間も惜しまず努力する次第でいます。

今回、りえママさんがブログを立ち上げてくださったのも、一時預かりをしているからこそ、彼女自身も失敗したからこそ、かわいそうではやれない預かりの大変さ、そして犬ねこたちの現実を訴えていきたいと仰ってくださったからです。

古くからボランティアを地道にやって、頭でっかちで脳みそが固くなっている私では見えないところ、一時預かりさんだからこそ見える視点を綴っていただければ非常に嬉しく思います。

どうぞ、みなさまも預かりさんの立場からの視点をみて勉強してください。

| 一時預かりさんのブログ | comments(0) | - |