Pure blessingについて
Pure blessing
「Pure」 いつまでも純粋な気持ちのままで
 「blessing」 神様の祝福がありますように
代表 pink



↑プライベートブログもワンコ満載★↑
手作りご飯のススメ
↑広がれ★手作りご飯の輪↑

Pureblessingについて
現状における状況などの把握、知識向上のため、主にダックスの遺伝性疾患、カラー遺伝学などを勉強しながら、小型犬を主に、中部・関西を中心に、ボランティア活動しています。

リンクフリーです↑のバナーをどうぞ。
★ 一時預かりさん募集してます ★
★ ご相談はこちらから ★
当方は一時預かりさんのお力をお借りしながら個人で活動しております。私はあなたと同じ、普通の会社員で普通の生活をしてるただの1人間です。お金や時間や保護スペースに余裕がある団体ではありません。SOSを頂いても、命に期限がある保健所で処分される子たちの時間との戦いに追われ、常に保護スペースは一杯な状態で、当方で保護できるわけではありません。保護が必要かと思われる子がいたら、当方へ連絡をくださる前にご自身でできることをきちんと考えた上で、Pureblessigにタレこみ・相談・問い合わせ・SOSメッセージをください。

★ ご寄付のお願い ★
愛と救いを求めているワンたちへの寄付をよろしくお願いいたします!
頂きました寄付金は、レスキューしたワンコたちの医療費(主に健康診断、病気の治療費、避妊去勢手術代など)トイレシーツ、食費など全てレスキューしたワンたちのために、大切に使わせていただきます。お礼をしたいのでご一報頂けますと幸いです。
pureblessing@hotmail.co.jp
寄付金振込先
郵便局 12400-11160501
国際ボランティア貯金
「Pure blessing」
一時預かりさんのBLOG
オレンジのハートが付いてる子は、お見合いが決まってます。レッドのハートが付いてる子は、トライアル期間中です★

pink家にいる子たち
  • Mダックス・男の子『エル』

幸せのご報告
彼ら彼女らが幸せになるまでご協力ご声援頂きましたみなさま、そして沢山愛してくださっている里親さまに心より感謝申し上げます。
  • Mダックス・女の子『ティンク』
  • シーズー・男の子『リルベ』
  • Mダックス・男の子『いろ』
  • チワワ・女の子『ベイブ』
  • ヨーキー・女の子『うた』
  • マルチーズ・男の子『グラン』
      「みるく」マルチーズ・男の子
      2014年6月5日 幸せになりました
  • 「フィガロ」ダックス・男の子
      2013年12月30日 幸せになりました
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
ブログ内の記事を検索できます。

RECENT COMMENTS
LINKS(都道府県順)
こちらも見てね
RECOMMEND
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん (JUGEMレビュー »)
須崎 恭彦
これが手作りの第一歩となる方が多いようです。私のきっかけは、ビッグウッドの手作り食ハンドブックです。
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ (JUGEMレビュー »)
松江 香子
あらゆる面で、愛犬に愛を伝えることが出来る本です。うちのネロが腰をいわした時に、せめてマッサージでも…と、とても役立ちました。
 (JUGEMレビュー »)

★「誰でも何か美しいものをもっている」「自分自身を分け与える」「ほほえみなさい」「身近な小さなことに誠実に親切に」「大切なのは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです」「愛は、この世で最も偉大な贈り物なのです」「親切にしすぎて間違いを犯すことの方が、親切に無関係に奇跡を行うことより、好きです」本当の豊かさとは何か。胸を打ちます。
赦しをもたらす5つの方法
赦しをもたらす5つの方法 (JUGEMレビュー »)
ゲーリー・チャップマン,ジェニファー・トーマス
★清く、キレイな良心を保つ毎日を生きることは、本当に幸せなことです。本物の愛とは、愛を伝えることだけでなく、過ちを犯した者の「誠実で素直に謝罪する真の心」と、それを受け入れる不当に扱われ傷付いた側の「赦しという和解の心」です。
OTHERS
advertisement




Pure blessing

人間のエゴによる犠牲となるワンたちを救いたい…愛と救いを求めているワンコたちを助けたい…
小型犬を主に、岐阜県は、西濃地区の大垣市から、中部、関西を中心にボランティアをしています。
里親さん募集中 ワンワンマンマ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
オッズ、おめでとう♪♪

里親募集をしておりました、オッズ

お見合い、トライアルを経て、6月27日めでたく正式譲渡の結びとなりました♪みなさまのご協力とご声援、誠にありがとうございました!!

オッズ、本当に本当によかったね!!心からおめでとう♪(*^_^*)

オッズは、そっとあたたかく見守ってくださる心優しいお父さんと、とても優しいお母さん、そして大好きな大好きなお姉ちゃん、愛想を振りまくっている弟さんたちに、それはそれは大事に大事に可愛がってもらい、毎日幸せいっぱい!!に暮らしています。

オッズは、東濃のボランティアさんからの依頼で、飼い主が「噛むから」と保健所へ持ち込まれた子です。東濃のボランティアさんがレスキューしてくださらなかったら、彼はもうこの世にいませんでした。こうして、本当の幸せを知ることもできなかったでしょう。

オッズは、当時、うちもレスキューっ子が一杯で保護スペースがなかったため、一週間ほど、東濃のボランティアさんのところで過ごし、我が家へやって来ました。最初は、ガウガウ言ってましたが、我が家ででも、東濃のボランティアさんのところでも、噛むという行為は一切ありませんでした。

最初のうちは、ワガママを言いたいとき、よくガウガウ言いましたが、生活が落ち着くにつれ、すっかり甘えん坊さんになり、私にベッタリなとっても可愛いいい子になりましたが、オモチャが絡んだりすると、相変わらずガウガウは言いました。

そんな彼のことをすべて理解し、今までにも、雨の中、病気のために捨てられたワンちゃんと一緒に暮らし、警戒されて何度も噛まれても、彼の心を解きほぐし、心からの愛情をもって愛し続けられた、心優しい、愛情深い里親さまが、オッズを家族として迎えてくださいました。

でも、最初から互いの心が通い合ったわけではありません。

オッズを一番理解し、オッズを一番愛してくれる、大好きなお姉ちゃんには、時々、ワガママ言います。他のご家族さまには、とっても大人しくて、とっても可愛い子に変身です。

でも、悩みながらでも、ヤンチャな彼のことを受け入れてくださり、もうオッズを手放すことができない、正式に譲渡いただけたらとお願いいたします、と仰ってくださいました。私は胸がいっぱいになりました。

最近、里親として立候補してくださる方の中には、少しガッカリするようなメールをいただくこともあります。2歳以下で、女の子で、小型の純犬種で、トイレがシーツでちゃんとできて、大人しい子で・・・そんな子、ペットショップでも売っていません。ひどいと、子犬のダックスが欲しいとか、何か勘違いしていらっしゃる方々も少なくありません。

レスキューしてくる子は、みな人間のエゴによって不幸にも、悪い言い方ですが、その人間側の言い方によれば不要とされた子たちばかりです。しつけが入っていない子がほとんどですし、問題行動がある子もいて、体にハンディがある子もたくさんいます。

そんな子たちだからこそ、生涯を家族として迎えてもらいたいというのはボランティアだけの勝手な気持ちなのでしょうか。高齢の子も、今まで何年も苦労してきたからこそ、幸せになってもらいたいと強く願っています。若い子よりも、非常に落ち着いていて、全く手がかかりません。ご年配のご夫婦さまには、とてもよいパートナーになると思います。

でも、やはり、エルもオッズも、後から続々くる子達が幸せに旅立っていくのを、ずっと見守ってきました。次は、僕たちの番かな・・・って。

エルはさすがに一生、我が家の子として私たちと暮らすんだと覚悟していますが、オッズも彼のことをちゃんと理解してもらえれば、とっても素直でいい子なんだけど、私以外にも、彼のことをちゃんと理解してもらえる、彼を可愛いと愛してくれる人は必ずいる、オッズも、こんな我が家ではなく、本当に幸せになってもらいたいと、ずっと諦めきれませんでした。

オッズはこんな可愛らしいフェイスゆえ、応募はいつも殺到しました。でも、噛むワンちゃんと一緒に暮らしたご経験がありますか、でずいぶんふるいにかけさせていただきました。万一のことを考え、お子さまのいらっしゃるご家族さまもお断りさせていただきました。

なかなかいいご縁がありませんでしたが、オッズも半年以上、頑張って待った甲斐があり、やっと本当の家族に出会え、本当の幸せを知ることができました。


今、オッズは本当に幸せです。みなさま可愛い可愛いと、すごく溺愛してくださっています。オッズ自身も、結構ワガママしたい放題しているようですが、大好きなお姉ちゃんを枕にし、宝物のボールを大事にそうにかじっているそうです。そんなオッズの姿が天使のように可愛いと仰ってくださいました。

オッズ、本当に本当によかったね!!!これからも、ず〜っと幸せにね♪

まだまだ、他にもよいご縁を待っている子たちがいます。どうぞ、みなさまの立候補をお待ちしております。

| 僕たち私たち幸せになったよ | comments(2) | - |
スポンサーサイト

| - | - | - |
はじめまして
いつも拝見させて頂いております。
オッズ君本当に良かったです。
今回勇気を出してコメント残しました・・
我が家の愛犬(1歳半♂のMDオッズ君と同じレッドです)も
噛みます・それも私限定で!色々試しました・噛む瞬間に大声を出して隣の部屋へ行き無視をする、マズルを掴む、叩く(これは、大反省です)
獣医さんと相談し去勢もしました
結果・・今も噛んでます。それに私以外の家族との散歩は一歩も歩きません全身で拒否します(謎です)
悩んでいた時、職場の方に「それは○さんの事が好きで好きでしゃーないねんや〜」目からうろことはこんな感じ?です
それまでも愛しいと感じていましたが・益々ラブラブですよ
今は大体どんな時に歯を剥くか分かりますので来ると思うと
抱っこして嫌がるほど頬ずりします
極度の怖がりと独占欲で噛むんだろうと獣医さんに言われました。私以外の人間には大人しい仔なので・
オッズ君の事幸せになってもらいたい
と思っていても私には影ながら応援することしかできずにいました。
沢山の動物達が人間の犠牲になっています。
一度家族に迎え入れれば最後まで家族として暮らす・そんな当たり前の事を当然として皆が受け入れる
そんな世の中になって欲しい・・と強く感じます
長々とごめんなさい・何が言いたいのか分かりませんね・
オッズ君おめでとう!それだけです。
続々のレスキュー頭が下がります
どうか精神的、肉体的にもご自愛下さい。
エル君もいつかエル君だけを愛してくれる方が現れる事祈ってます。




| ダクママ | 2008/06/29 9:38 AM |
★ ダクママさん
はじめまして。
こんなつたないブログをご覧になってくださりありがとうございます。
オッズへの祝福、誠にありがとうございます!
コメントを入れてくださり、本当に嬉しく思います。
ダクママさんのご愛犬も、噛むワンちゃんなのですね。
叩いて大反省されたときもあったようですが、それでも、飼育放棄されることもなく、真剣にご愛犬と向き合われたこと、保健所へ簡単に持ち込まれる飼い主さんに見習ってもらいたいと思う次第です。
大好きだからゆえ、ワガママも言いやすいのでしょうね。
私のところでは、オッズは噛むことは一度もありませんでしたが、ガウガウ言ったり、ウーウー唸ったりはしました。
でも、とっても可愛いのですよね。本当に愛しくてたまらないのです。
噛まれても全然いい、と思って接していると、これ以上はこちらも黙っていた方がいい、という線が分かるようになってくるんですよね。
オッズを家族として迎えてくださった里親さまは、散歩後に足を拭く際に2度ほど噛まれ、自分では幸せにしてやれないのかと、最初はずいぶん悩まれたようです。
オッズの場合は足がネックのようですが、それでも、まだ短期間ですが、オッズの可愛いところをすごくよくご存知で、獣医さんでビビッてしがみついてくる姿が愛しくてたまらない、とお話してくださいました。
噛むことを分かっていても、家族として迎え入れ愛することができること、そんなクセがあっても、その子のことをちゃんと知っていれば、うまく付き合えること、大変なこともあるけど、とっても可愛くて愛しくてたまらないのは普通のワンちゃんと同じこと、ダクママさんのお話から、私も改めて胸に刻むことができました。
ダクママさんが勇気をもってコメントを残してくださり、それをご覧になってくださったみなさまも、同じように感じてくださっていると思います。噛むから、処分しても仕方ない、という考えは、覆せるものだと。
どうぞ、ダクママさまも、ご愛犬とこれからもラブラブでいてくださいね♪
コメントを残してくださって、本当に嬉しかったです。
オッズへの祝福、心より感謝申し上げます。
彼の可愛いところ、愛しくてたまらないところは、レスキューしてくださったボランティア仲間さんと、私と里親さまが知っています。彼はたくさんの人に愛してもらい、幸せそのものです。
いえいえ、本当に私など、取るに足らない者でございます。
ご声援、本当に嬉しく思います。
これからも、犬ねこたちのため、正しい活動に努めてまいります。
エルも、もう仮住まいの我が家で1年半。
すっかり落ち着き、表情もとても柔らかくなり、自傷行為をしようとする動きすらありません。
友人やお客さまが来ると、興奮して発作を起こしそうな感じはありますが、発作を起こしそうな一線がもうすっかり分かっているので、それを越さないよう、うまく可愛がってやると、それはそれは可愛くて仕方なくて。愛しくて愛くてたまりません。
酔っ払うと、いつも私が、私の愛しくてたまらない愛するエルちゃんーと言いながらチューーを迫り、ものすごく嫌がられることもあります(笑)
エルも、1年半、続々くるレスキューっ子たちの幸せの門出をうちの子たちと一緒に送り出し、いつか自分はと思いながらも私だけに心を赦し、私を大好きでいてくれ、愛しくてたまらないと思っている中、なかなか構ってやれないこんな我が家では不憫だと、エルのことを心から理解してくれ、エルだけを大事に愛してくださる方を望みつつも、もう手放せないぐらい大好きで大好きで、愛しくてたまらない子になっている自分の気持ちに挟まれています。
エルへのお祈り、本当に感謝いたします。
エルには悪いですが、もうエルは、ぼちぼち、という感じでいます。
お姉ちゃんがエルのこと、大好きすぎてごめんね、エルちゃん。
| pink | 2008/07/01 11:58 PM |