Pure blessingについて
Pure blessing
「Pure」 いつまでも純粋な気持ちのままで
 「blessing」 神様の祝福がありますように
代表 pink



↑プライベートブログもワンコ満載★↑
手作りご飯のススメ
↑広がれ★手作りご飯の輪↑

Pureblessingについて
現状における状況などの把握、知識向上のため、主にダックスの遺伝性疾患、カラー遺伝学などを勉強しながら、小型犬を主に、中部・関西を中心に、ボランティア活動しています。

リンクフリーです↑のバナーをどうぞ。
★ 一時預かりさん募集してます ★
★ ご相談はこちらから ★
当方は一時預かりさんのお力をお借りしながら個人で活動しております。私はあなたと同じ、普通の会社員で普通の生活をしてるただの1人間です。お金や時間や保護スペースに余裕がある団体ではありません。SOSを頂いても、命に期限がある保健所で処分される子たちの時間との戦いに追われ、常に保護スペースは一杯な状態で、当方で保護できるわけではありません。保護が必要かと思われる子がいたら、当方へ連絡をくださる前にご自身でできることをきちんと考えた上で、Pureblessigにタレこみ・相談・問い合わせ・SOSメッセージをください。

★ ご寄付のお願い ★
愛と救いを求めているワンたちへの寄付をよろしくお願いいたします!
頂きました寄付金は、レスキューしたワンコたちの医療費(主に健康診断、病気の治療費、避妊去勢手術代など)トイレシーツ、食費など全てレスキューしたワンたちのために、大切に使わせていただきます。お礼をしたいのでご一報頂けますと幸いです。
pureblessing@hotmail.co.jp
寄付金振込先
郵便局 12400-11160501
国際ボランティア貯金
「Pure blessing」
一時預かりさんのBLOG
オレンジのハートが付いてる子は、お見合いが決まってます。レッドのハートが付いてる子は、トライアル期間中です★

pink家にいる子たち
  • Mダックス・男の子『エル』

幸せのご報告
彼ら彼女らが幸せになるまでご協力ご声援頂きましたみなさま、そして沢山愛してくださっている里親さまに心より感謝申し上げます。
  • Mダックス・女の子『ティンク』
  • シーズー・男の子『リルベ』
  • Mダックス・男の子『いろ』
  • チワワ・女の子『ベイブ』
  • ヨーキー・女の子『うた』
  • マルチーズ・男の子『グラン』
      「みるく」マルチーズ・男の子
      2014年6月5日 幸せになりました
  • 「フィガロ」ダックス・男の子
      2013年12月30日 幸せになりました
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH
ブログ内の記事を検索できます。

RECENT COMMENTS
LINKS(都道府県順)
こちらも見てね
RECOMMEND
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん
ナチュラル派のためのイヌに手づくりごはん (JUGEMレビュー »)
須崎 恭彦
これが手作りの第一歩となる方が多いようです。私のきっかけは、ビッグウッドの手作り食ハンドブックです。
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ
ドッグホリスティックケア―あなたの愛犬を癒す、心と体のマッサージ (JUGEMレビュー »)
松江 香子
あらゆる面で、愛犬に愛を伝えることが出来る本です。うちのネロが腰をいわした時に、せめてマッサージでも…と、とても役立ちました。
 (JUGEMレビュー »)

★「誰でも何か美しいものをもっている」「自分自身を分け与える」「ほほえみなさい」「身近な小さなことに誠実に親切に」「大切なのは、どれだけたくさんのことや偉大なことをしたかではなく、どれだけ心をこめたかです」「愛は、この世で最も偉大な贈り物なのです」「親切にしすぎて間違いを犯すことの方が、親切に無関係に奇跡を行うことより、好きです」本当の豊かさとは何か。胸を打ちます。
赦しをもたらす5つの方法
赦しをもたらす5つの方法 (JUGEMレビュー »)
ゲーリー・チャップマン,ジェニファー・トーマス
★清く、キレイな良心を保つ毎日を生きることは、本当に幸せなことです。本物の愛とは、愛を伝えることだけでなく、過ちを犯した者の「誠実で素直に謝罪する真の心」と、それを受け入れる不当に扱われ傷付いた側の「赦しという和解の心」です。
OTHERS
advertisement




Pure blessing

人間のエゴによる犠牲となるワンたちを救いたい…愛と救いを求めているワンコたちを助けたい…
小型犬を主に、岐阜県は、西濃地区の大垣市から、中部、関西を中心にボランティアをしています。
里親さん募集中 ワンワンマンマ

ワッフルについて

心配しておりました、ワッフルの足の運び。

膝蓋骨脱臼、いわゆる、パテラでした。(図による解説

ワッフルから見て右側の方が、外れやすいようです。

触診していただいて、すぐ分かるぐらいでした。

現段階では手術の必要はない軽度です。グレードとしては、1〜2の程度かと思われます。

レントゲンによる診察はしておりません。

ワッフルはこの春に去勢手術も受けています。

短期間に何度もワッフルに体の負担を与えてまで、麻酔をかけてレントゲンを受けても、確実にパテラであるという証明が形によって得られるだけです。

そこまでしなくてはいけないのかといえば、必要はないんじゃないかな、というのが私の判断です。

熱中症になりやすい鼻の短い犬種は、麻酔も深くかかりやすいので、事故がおきやすいのもあって、正直、触診でパテラと診断されている現段階で、さらにパテラという裏付けをする結果を得るためだけに、そこまでさせたくないというのが、私のワッフルへの想いです。

これからワッフルの里親さんになられる方にお渡しするようなレントゲン写真や診断書はありませんが、中には、詳しい状態をレントゲンの写真で知りたいと思う方もおられるかもしれません。

その時には、私はもうワッフルの家族ではないので決定権がありませんし、ワッフルだけに限らず、これからも、レスキューっ子たちは、みな、家族になられた里親さんが家族ですので、レントゲンを撮られるかどうか等は、里親さんの判断にお委ねしたいと思っています。

私も、今のワッフルのことを、全て受け止めて心から愛してくださる里親さまにしか、ワッフルを託しませんが、正しい間違いは関係なく、ワッフルのことをよく考えてご検討くださるお答えが一番だと思いますので、今後のケアも含め、十分ご検討くださいますよう、お願いいたします。


現段階では、太っているのが負担にもなりますので、ダイエットを始めています。

今後も、体重管理には十分配慮してあげてください。

また、お部屋はフローリングなど、滑りやすい環境であれば、カーペット等を敷いてあげてください。

お散歩も、本人が、歩きたくないといえば、その時は無理に歩かせないであげて、抱っこしてあげるとか、キャリーバッグをご用意していただいて、気分転換させてあげてください。

嬉しくて喜んでいると、体に負担かかっていても、子供と同じで、ワンコも多少は無理をしてしまいます。十分、気をつけてあげてください。

筋肉はつけてあげたほうがいいようですが、アスファルトのお散歩では負担がかかりやすいので、湯船にぬるま湯をはったお風呂やプールなどで、体を支えてあげて、浮かせて泳がせるなどして、少し軽い運動をさせてあげるといいかと思います。

体が濡れた後だと、人の方がお風呂やタオル等の片付けやドライヤーなどが大変かと思います。

そんな時には、人間の子供用、防水おねしょシーツが便利です。裏側まで水が染みませんので床も濡らしませんし、チッチしてしまったとしても、洗うだけで済み、片付けがとても楽です。西松屋などで、とっても安く買えます。

ペット用も、少々お高いですが防水タオルがあります。裏側がラバー加工してあるため、多少のことではズレたりしません。

そのため、キャリーやハウスに敷いてあげると、少々、車が左右に動いてもズレていきませんから、ワンコが安定します。SSサイズは、小型キャリーのサイズにピッタリです。これも汚れたら、洗うだけで繰り返し使えます。

プーチパットでは高いので、昔、うちでは、子供用おねしょシーツと、防水タオル、これをトイレシーツ代わりに使っていました。今でも、シャンプー後に敷いたり、車内に敷いたりして、とても重宝しています。老犬になった時の介護にも便利かと思います。


パテラは外れやすいというワンコの体の状況なだけであって、病気という類ではないです。

が、ケアには十分配慮が必要になってきますし、現段階では手術の必要はない軽度ですが、今後、状態が悪くなっていく可能性もあります。

その際、痛みを伴ってくるとか、歩行が困難になってきたりした場合、手術が必要になってくるかもしれません。

それを全てご理解くださり、ワッフルを心から愛してくださる里親さまをお待ちしております。

どうぞ、よろしくお願いいたします!m(__)m


| 幸せになった子達の過去の日記 | comments(9) | - |
スポンサーサイト

| - | - | - |
こんばんは☆

ワッフル君と はなちゃんは同じ病気ですね。。
こないだ会った時に、出てこなかった病名です。。

うちも手術はしませんでした。
病院の先生も、体重管理と適度な運動が必要と言われました。 pinkさんが言うように、お散歩もほとんどが抱っこ。

でも、毎日幸せに暮らしています^^
きっとワッフル君も、素敵な家族の元で、幸せに暮らせますよ^^
| はなさゆもゆママ | 2010/08/09 9:21 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2010/08/12 2:56 PM |
★ はなさゆもゆママさん
はなちゃんと同じだったんですね。

手術されなかったこと、正解だったと思います。
ご家族の方が決められたことが、一番の正解です。
はなちゃんも、幸せそうだったもんねーーー♪(*´∀`*)

ワッフルも、今後、手術になるかどうかは分からないです。
里親さんが決めることだと思ってるので、緊急性がない限り
全ては里親さんにお委ねしたいと思っています。

はなちゃん、お散歩も抱っこだって、とっても嬉しいでしょう。
とっても幸せでしょう。
そんな時間、とっても伝わってきますもの♪♪(ノ´∀`*)


余談ですが、パテラは、先天性なものでしたら遺伝的に受け継がれるものなんです。
後天性でも、繁殖のラインから外すのがブリーダーの常識です。

ダックスに多いPRAと同じです。
いや、PRAはキャリアがあるので、正確には違うけどっ・・・。

キャリアは、カラー遺伝子と同じように本人が発症していなくても、キャリア同士だった時の子供には実に25%の確率でアフェクティッド(発症する子)が生まれます。
アフェクティッドとアフェクティッドの子供は確実に発症します。
キャリアは本人は発症しませんが、反対に本人は発病していないため診断で見抜くことはできません。
血縁にパテラやPRAなど遺伝的に受け継がれる疾患が出た場合、それ以上の繁殖はストップするのが良心的なブリーダーです。

が、そんなブリーダーは稀ですし、そういう遺伝子を排除するのは実に難しいです。

悪い遺伝子を後世に残さないためにと努めている人も中にはいますが、遺伝性疾患を全然知らないブリーダーだと、PRAの検査をせずにキャリアと知らなくて繁殖に使う人がいます。

そうなると、そこのブリーダーのワンコはほとんどの子が
同じ疾患を持っている、ということになります。
知らず知らずのうちに、蔓延するんですね。
そして、キャリア同士がくっついてアフェクティッドをつくっていくんです。
スタンダードダックスのらいちゃんのブリーダーも同じでした。
同じように歩けない子がいました。

ブリーダーの世界では、血が濃いために疾患が固定されるという悪循環に陥りやすいです。
でもっ、言葉は適切じゃないけどっ、繁殖制限によって、防げるものなんですよ。

はなちゃんのお父さんかお母さんが、もしかしたらパテラだったかもしれません。

パテラも、昔はダックスにはそうない病気でした。
でもっ、最近ではダックスにもよく見られる症状になってきています。

分かっていることを、事前に防ぐことができるなら、負わせたくないハンディがあるのなら、リスクがあるならブリーダーでも繁殖は控えてほしいなと思います。

ワッフルも先天性のものだったとしたら・・・。
きっと、ワッフルの両親のどちらかがパテラです。
その子たちは、今、幸せにしているのか・・・。
ワッフルの血縁は大丈夫なのか、とても心配しています。

ワッフルへのお祈り、ありがとうございます!!
愛知のボラ仲間さんが必死になって繋がれた命です。
きっと、神様がご用意くださっている赤い糸が必ず繋がっていると思います。
はなさゆもゆママさんのような、優しい里親さんが絶対にいます♪♪
ゆっくり手繰り寄せて、慎重になって幸せまで責任もって送り届けたいと思っています♪(*´∀`*)
いつもいつも、本当にありがとうございます♪

はなちゃん、またエマと一緒に遊んでやってね!!!
予定のない日は、また声かけてくださいねっ♪(*´∀`*)
| pink | 2010/08/12 7:32 PM |
パテラとは、遺伝的なものだったのですね。。

知らず知らずとはいえ、私は繁殖させてしまいました・・・。生まれてきた、さゆもゆ そして、他2匹。

生まれてきた子達にはパテラは見られません。
正直、ホッとしています。

はなちゃんの子は、子供を作りません。
さゆともゆには、避妊手術をしました。男の子達も、繁殖するつもりはないそうです。

はなちゃんは、獣医さんがいうには、いづれ歩けなくなる可能性もあると言われました。
少しショックでしたが、たくさん考えて、はなが毎日を幸せならいいんじゃないか?と思うことにしました。
お散歩も、ボール投げも。思う存分!

多分、はなが病気だとわかっていても、この子だと思って迎えいれたと思います。
だって、縁ですもんね^^


また、うちの子たちと遊んでやってくださいね♪
| はなさゆもゆママ | 2010/08/13 5:41 PM |
★ はなさゆもゆママさん
そうなんです。
後天性のものでなければ、遺伝されて行くものなんです。
これを書くと、はなさゆもゆママさんはご自身を責められて悪くとられるかなぁと、とても迷いましたが、お知らせしておいた方がいいかなぁと。

はなちゃんの子供たち、みんな受け継がれなくてよかったですね!
そして、健康で何よりです♪♪(*^_^*)

歩けなくなる可能性があるかもしれない・・・。
それはそれは、本当に計り知れないほどのショックだと思います。
でもっ、そうですよ!!
はなちゃんは、毎日幸せですし、お散歩もボール投げも、思う存分いっぱい楽しんで、それでいいんじゃないかなと思います。

こんな言葉は慰めにもならないかもしれませんが・・・。
いずれ、老いがくればパテラでなくても歩くこともできなくなるかもしれません。
どんなワンコにも、必ずくるものだし・・・。
うちの子たちだって、寝たきりになるかも・・・。
はなちゃんは、ちょっぴり、ほんの少しだけ、早くなるかもしれないだけだと思って・・・。
はなちゃん、優しくてステキなママがいて本当に幸せだね♪

はなちゃんも、はなちゃんの子供たちも、みんなみんなオンリーワン♪
強い縁で結ばれているんですよね♪
きっと、ママさんのところを選んできてくれたんですよ♪
これからも、可愛いはなちゃんたちとお幸せにー♪♪(*´∀`*)

涼しくなったら、少し足を延ばして違うカフェへ行ってみましょ♪
さゆちゃん、もゆちゃんも、ぜひぜひ一緒に♪♪
| pink | 2010/08/18 12:04 AM |
教えてくださって、ありがとうございます^^

何も知らずとはいえ、勝手に素人が繁殖をさせてしまいました。  
けど。幸い どの子にも引き継がれることなく過ぎました。。反省しても足りないけれど。。


はなが、歩けなくなると聞いたときは、やっぱりすごくショックでしたが、どの子にもあり得ることだと割り切ることにしました。今現在、はなは、とても元気に走ることが出来るし、お散歩にも行けます。

ハンデが出来たら、その時 はなが一番幸せな方法をとって、補助出来るようにしていくつもりです。

はなを迎え入れた時、生涯 幸せに暮らしていけるようにするね!って誓いました。さゆともゆが生まれた時も同じ。

健康で、毎日が幸せなら それでいいのだぁ〜なんてバカボンのパパのように思うことにしました^^

カフェ楽しみぃ〜♪  
さゆもゆ も、お散歩の時に吠えないように、毎日 ちょっとづつ躾けています。楽しいお出かけが出来るように、頑張りますよぉ〜^^

pinkさんに 時間が出来たら、誘ってくださいねぇ〜

| はなさゆもゆママ | 2010/08/20 8:01 PM |
★ はなさゆもゆママさん
いえいえ、どうかご自身をそんなに責めないでください。
こんなことを書くと、全国のボランティアさんたちに叱られてしまうかもしれないケドッ、私は、繁殖自体は悪いことだと思ってなくて・・・。
そうじゃなかったら、私も、今、ここにこうしていてくれている我が子たち、ネロやエマと会えなかったんですもの。
2人はペットショップの子なので、ブリーダーは誰なのか知らないけどっ、こうしてネロ、エマと出会えたことは心から感謝しています。
はなちゃんの子たちも、幸いどの子にも受け継がれなく健康ですし(*^_^*)
知らなかったからという繁殖からでも、後から知って、そこから学ばれることが一番大切なことなんじゃないかなと思います。
その後、どうされるかも。
そういう因子をもっているから、もう繁殖しない、なのか、そんなこと知ったことかと繁殖してしまうのか。
後者は、お金儲けが目的のブリーダーの考えだと思います。
こないだお話したように、うちの娘のジュリも、重度のてんかんを持っています。
遺伝的に受け継がれる病気ではなく、いまだ原因も解明されていない病気ですが、ジュリのような持病のある子は、病院へ行けばお金がかかるからと、悪徳なブリーダーなどのもとに生まれていたら、保健所へ連れられていったか、沙汰されていたかもしれません。
知ることで、ブリーダーであれ素人であれ、後世に受け継がれてしまう悪い因子は、できるだけ排除するべく繁殖制限をして努めるのが、今後、蔓延しているワンコに負わせなくてもいいハンディを負うリスクを少しでも減らすことができるんじゃないかなと思います。
ハンディがあっても、愛しい我が子に変わりはないですが、今の医療で病気の原因が解明できていて、繁殖制限による人の手でそれを食い止めることができるのなら、できるなら、みな、健康で生まれてきて欲しいですよね。
誰だって、病気を持って生まれることを望まないし、家族になる私たち人間だって、我が子にはいつまでも長生きして辛い思いをしたり苦しまないで健康でいて欲しいと願いますものね。

はなちゃん、元気に走れていて、お散歩も行けて、大好きな子供たちや家族と一緒で、本当に、もうそれが一番の幸せだと思いますよ♪(*^_^*)
はなちゃんたちに誓われたことは、はなちゃんたちが心配することなく全うされるんだろうなぁと、ママさんの愛情をひしひしと感じています。
補助、たくさんの愛で支えられるんだろうなぁーーって!
ママさんの、大きな大きな、深い愛情に、感動しています。
はなちゃんたち、本当に幸せいっぱいでよかったね!!

バカボンのパパ精神で、これからも明るくいきましょう♪
私も、まだまだ、自分にできること、自分が学んできた遺伝学のこと、少しでも伝えていけたらなぁと感じています。
はなちゃんたちに、恥ずかしくない私でいないといけませんね!

カフェ、誘っちゃいますよぉーーー♪♪(*´∀`*)
来月、少し涼しくなったら、一緒に行きたいなぁって思ってます♪
はなちゃんたちが慣れるまで、エマお母ちゃん出動で!
はなちゃん、エマが一緒だから大丈夫だよっ!安心してね!(o´▽`o)v
いろんなところへ遊びに行きましょうねっ♪♪
| pink | 2010/08/23 1:46 PM |
pinkさん、 やっぱり大好きです!!
突然、告っちゃいましたけど。。

たくさんの知識を教えていただけて、本当に感謝です。
知らないことで、不幸が増えるのは胸が痛い。。。

ジュリちゃんも、きっとPinkさんの所を選んで生まれてきてくれたのです。 絶対そう! だって、いっつも幸せなお顔してますもん^^   うちの子だけど〜(親ばかですが。。)


カフェ楽しみだわぁ〜〜〜〜^^
エマちゃんの 頂戴もたくさん見れるかもぉ〜〜〜
またまた、楽しみが増えちゃってうれしぃわぁ〜^^
今度は、3ワンコで行ってみようかしら。
もゆ&さゆ は、おとなしく出来るかカナーリ不安ですけど。。f^^
| はなさゆもゆママ | 2010/08/24 6:33 PM |
★ はなさゆもゆママさん
ぬおっ!!??告られちゃいましたっww(*´∀`*)
受けて立ちます♪←なんかちなうww

いえいえ。
私の知識など、大きな海のたった一滴のような、ちっぽけなものです。
まだまだ知らないこと、たくさんあります。
ずいぶん昔に勉強したカラー遺伝学や病気の遺伝学も、続々と新しい因子もいっぱい出てきていて、まだ未知の箇所もありますし。
もっともっと、勉強に励まなくてはいけないですね。

知らないことから、不幸が生まれてしまっても・・・
そこから学ぶことができるのが人間じゃないかなと思います。
知らなかったフリ、見なかったフリじゃなくて、やっぱり
そこで不幸の連鎖を断ち切ってもらいたいなぁと願います。

ありがとうございます♪
ジュリも、うちを選んでくれたのかなぁ(*´∀`*)
きっと、エマお母ちゃんのことは大好きだと思います。
いまだに、顔舐めてーーと甘える娘ちゃんデスッ♪
お父ちゃんのオヤツもねだって譲ってもらってたりします。
体格が全然違うパールやビッキーの兄弟も、仲良く遊んでいるし。
pinkファミリーがスキでうちに生まれてきてくれたんでしょうか♪
てんかん持ちでも、我が家で生まれてきてくれたこと。
私達を信頼し、愛してくれていること。
心から、感謝しています。

お互い、親バカ全開ですよねっ(笑)

カフェ、エマのチョウダイ、いつもより多く見せちゃいますよぉー!
ぜひぜひ、今度は3人で♪♪
私もエマだけなら、はなちゃん見てあげられますし♪
少しずつ、少しずつ、ムリさせないように慣れていけばいいですからね♪
楽しみにしていますーーー★(*´∀`*)
| pink | 2010/09/02 6:36 PM |